2011年03月13日

観ずに死ねるか!おすすめ映画のランキング第1位★『風と共に去りぬ』

かつて「地球上で『風と共に去りぬ』が上映されない日はない」とまで言わしめた名作中の名作。定番中の定番の名作映画。

僕の人生を変えた映画、第1位だ。


1861年、南北戦争が始まろうとする直前。

ジョージア州タラの大地主ジェラルド・オハラの長女スカーレットは、樫の木屋敷と呼ばれる同じ大地主ウィルクス家で明日開かれる野外宴会で、そこの嫡子で彼女の幼馴染みであるアシュリーと彼の従妹メラニーの婚約が発表されると聞いて心おだやかでなかった。

激しい気性と美しさをあわせ持つスカーレットは、多くの青年の憧れの的であったが、彼女の心はアシュリーとの結婚をかたく決意していたのだ。

しかし、彼の心は気立ての優しいメラニーのものだった。

そして突然、戦争の開始が伝えられ、スカーレットは失恋の自棄からメラニーの兄チャールズの求婚を受け入れ結婚した。

メラニーと結婚したアシュリーもチャールズも戦争に参加した。

だがチャールズは戦争で病を得て死に、スカーレットは若い身を喪服に包む生活を余儀なくされたのだった…。

・・・・・・というように単純に言うと「戦争と動乱の時代と恋愛」をかけあわせた映画だ。

この映画のどこに人々が惹かれるのかというと、それはひとえに、主人公のスカーレットの生き方だ。

勝気のスカーレット。そして、彼女を取り巻く「四角関係」。

壮大なスケールで完成度の高い映画なので、4時間が決して長く感じられない。

まぁ、何と言ってもラストシーンですね。

それを観て、僕は「決してくじけない人生を歩むのだ」と強く願った中学生でした。


風と共に去りぬ [DVD] FRT-100




【ポイント10倍】300円DVD名作洋画DVD 風と共に去りぬ 10P01Mar11




posted by ホーライ at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おすすめのクラシック音楽★サン=サーンス 組曲『動物の謝肉祭』

スパイスたっぷりのユーモア料理だ。

いかにもパリジャンヌらしい、しゃれっけたっぷりの「動物の謝肉祭」は
現在ではクラシックを子どもたちに親しませるのに格好の教材となっている。

チェロの独奏曲として有名な「白鳥」は、この曲の13曲目にあたる。

この曲は音楽家のごく内輪の集まりのために作曲したもので、ほかの作曲家の作品をパロディーにしたり、おちょくったりしている。

本曲は全部で14曲の標題がついた曲で構成されている。

中でも第11曲目に「ピアニスト」(動物?)とあるのが最大の皮肉。

演奏会やCDでは有名なピアニストがわざと間違えながら弾くという趣向が、この曲をさらに楽しいものにしてくれる。

まさに大作曲家のしゃれた「おふざけ」ぶりを堪能してほしい1曲だ。


サン=サーンス:動物の謝肉祭





Saint-Saens サン=サーンス / サン=サーンス:動物の謝肉祭、他 アルゲリッチ、クレーメル、...




ラベル:サン=サーンス
posted by ホーライ at 13:35| Comment(1) | TrackBack(0) | おすすめクラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

教師のジョーク★カネだけじゃない

●教育現場の先生がたへ

戦後の民主主義の中で自由を重んじるあまり、偏った教育がなされてきた。

その弊害が今になって現れている。

カネ、カネ、カネ、の世の中だ。

そこで先生たちは子どもたちに声を大にして教えるべきだ。

世の中はカネだけではないことを。

株もあれば、債券や、土地や、金塊もあるのだ、と。



■■■人生を楽しく過ごすための総合エンターテイメントサイト■■■
             ↓
「人生を楽しく過ごすための総合エンターテイメントサイト」の紹介サイト。ここであなたの人生が変わる。


posted by ホーライ at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。